EEPシンボルマーク社会保険労務士法人EEパートナーズ

Address
〒102-0073
東京都千代田区九段北
1-10-9 九段VIGAS4F

手続き業務:業務案内

業務内容

入社・退社・傷病・出産・移転等に伴い発生する、労働保険や社会保険の手続き業務。「書類のどこに何を書けばいいのか」、「何を提出すればいいのか」、「いつ手続きすればいいのか」等、書類の作成から、添付書類の準備、役所への届出に至るまで、専門知識がなくては正確かつ適切な手続きは不可能です。

また、労働関係法令や社会保障法令には毎年のように法改正があり、最新の知識を得ていなければ、誤った手続きをしたり、するべき手続きをし損ねてしまったりと、社員に不利益を与えてしまうことさえ考えられます。

みなさまが本来の業務に注力していただくためにも、国家資格を有する専門家集団、EEパートナーズをぜひご活用ください。


サービス内容

以下の書類作成、提出に関する手続きを代行します。

  1. ①労働保険の新規成立/廃止手続き
    (継続一括申請、雇用保険非該当申請、労働保険確定、還付請求等)
  2. ②社会保険・労働保険の取得喪失
    (健康保険証、離職票の発行、各種再発行、取得時訂正等)
  3. ③社会保険の給付請求
    (傷病手当金、出産手当金、出産一時金、高額医療費、埋葬料等)
  4. ④労働保険の給付請求
    (労災・通災給付請求、育児介護休業給付申請、高年齢雇用継続給付申請等)
  5. ⑤社会保険・労働保険の各種変更等
    (標準報酬月額変更・賞与届・住所変更・氏名変更・扶養異動等)
  6. ⑥労働保険の保険料申告(毎年1回 6月1日〜7月10日)
  7. ⑦社会保険の算定基礎届(毎年1回 7月1日〜7月10日)
  8. ⑧監督署関連の届出書類(36協定・変形労働時間等)
手続きイメージ
EEパートナーズによる手続き代行

モデルケース

blankケース1:株式会社A社様(飲料製造業 社員数300人)

A社様には工場に加え、日本国内各地に営業拠点があり、さらにコールセンターもあります。このように同じ会社内でも複数の業種の事業所がある場合、それぞれに労働保険を成立させる手続が発生し、毎年恒例の年度更新手続きも煩雑となります。また各地の社員に異動が発生した場合、手続が遅れてしまうのがお悩みでした。
当社をご利用後A社様は年度更新手続き業務から解放され、また当社では電子申請も活用しているため、日本全国の役所に対して迅速な手続きが可能となりました。

EEPご利用後のイメージ
株式会社A社様のEEPご利用後のイメージ
blankケース2:株式会社B社様(小売業 社員数10,000人)

B社様は全国各店舗で発生する手続き、傷病・出産・育児・介護に伴う休職者の管理、社員からの問い合わせ等が非常に多く、本社の人事部での対応が困難となっていました。
当社をご利用後は、以下の図のように会社のネットワークの中に当社も組み込んでいただき、全国の社員からの問い合わせに当社が直接回答するサービスをご提供しています。さらにB社様用の独自の管理システムを構築し、スムーズな管理と迅速な手続きを可能にしました。

EEPご利用後のイメージ
株式会社B社様のEEPご利用後のイメージ
blank株式会社C社様(配送業 社員数400人)

C社様は、人の出入りが多く、短期間のアルバイト社員も多い業界です。アルバイト社員については、雇用保険や社会保険に加入すべきかどうかを社内で判断することが難しく、そのまま手続きせずに時間がたってしまうこともありました。当社からは各種保険の加入要件をご説明し、判断に迷うケースでは、個別に労働条件を確認し、加入するかどうかのアドバイスをしております。当社では電子申請(e-Gov)も活用しておりますので、手続きのスピードも以前に比べ格段にアップさせることができました。保険加入は、社員本人にとって大切な労働条件の一つですので、法令に則った適正な加入をすることが、トラブル防止にも役立ちます。

ページのトップに戻る